スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デトックスのさまざまな方法

最近、デトックスという言葉を普通に聞くようになりましたよね。

身体の中に蓄積された毒素を積極的に出したいという方が増えています。

普段、何気なく生活しているつもりでも、身体に毒素がたまっていくものなのですね。

この体の毒素を出すデトックスですが、やり方はいくつかあるそうです。

メジャーなところで言うと汗で老廃物を出したい場合などはたっぷりと汗をかける岩盤浴や、サウナなどを活用する方法がありますよね。

このサウナは昔から親しまれていますね。
岩盤浴は、近年になってかなり注目されてきました。

岩盤浴にはダイエット効果や、美容効果もあるそうです。最近では、スーパー銭湯などでも、岩盤浴を取り入れるところが増えてきましたよね。

こうしたサウナや岩盤浴を行ってのデトックスには、発汗作用で体内の老廃物や毒を外へ逃がそうというタイプのデトックスになります。

サウナや岩盤浴は気持ちよくリラックスできますよね。
汗をかいてすっきりします。
だから女性にもとても人気がありますよね。

そして、なんと、脂肪を燃焼させることも、デトックスのひとつの方法だそうです。

エクササイズや断食で体内の脂肪を燃焼させると、毒素が排出できるそうです。

運動することが健康に良いことはイメージできますが、脂肪燃焼で毒素が出るとは驚きですよね。

さらに筋力がアップすれば、脂肪燃焼率も上がって、痩せやすい体に体質改善することが出来るそうです。

普段、デトックスを意識していなくても、運動に励んでいる方は多いですが、そういう効果も生まれていたのですね。

また、デトックスには、医療薬品を摂取したり、デトックス用のサプリメントを飲んだりという科学的な力で毒素を出す方法もあります。

こうした薬などを用いるやり方は、普段の生活の中に取り入れたとしても、やはり特別な治療をしているような感覚になりますよね。

そして、最近、話題になっているデトックスが、腸の中を洗うという腸内洗浄です。

病院などで行いますが、大量の水を腸へ送り込み、循環させます。

キレイに痩せるダイエット生活を送るように心がけましょう。

スポンサーサイト

もやしでダイエット!

ダイエットにもやしの料理はどうでしょう?

もやしは低カロリーだしヘルシーだから、たくさん食べても安心。しかもボリュームもあるので満足感もバッチリ。

そこで、今回はダイエットスープ、というわけではないけど、おそばのかわりにもやしを使った超簡単レシピをご紹介します。


◎材料

・もやし2袋
・だし汁2カップ
・しょうゆ1/2カップ
・みりん1/2カップ
・油揚げ2枚
・長ネギ適量


◎作り方

1.もやしはひげ根を取りって熱湯でさっとゆで、冷水にとってから水気を切っておきます。

2.油揚げは熱湯をかけて油抜きをして、2cm幅くらいに切ります。

3.鍋にだし汁、しょうゆ、みりん入れて煮立ったら、油揚げを加えてさらに少し煮てかけ汁を作ります。

4.丼にもやしを盛り、上から汁をかけて完成です。

かけ汁の味の濃さはお好みで。濃い場合はだし汁を適量足して調整してくださいね。

おそばをもやしに変えるだけでヘルシーで嬉しいメニューになりますよ。

シトルリンと一酸化窒素の関係は?

シトルリンという成分をご存知ですか?
夏になるとよく食べるスイカに含まれている成分です。
実は、シトルリンは日本で発見された成分なんですよ。

体内においてのシトルリンの活躍を語る上で、ある要素が欠かせないと言われています。

その中のひとつが、「一酸化窒素」です。
よく一酸化炭素と間違われてしまいますが、「窒素」の方ですね。

この「一酸化窒素」と「シトルリン」の間には、切っても切れない関係性があります。

実は一酸化窒素には「血管を広げて、血液をサラサラにする」という、非常に重要な役割があります。

この一酸化窒素が不足してしまうと、血栓が生まれたり、梗塞が発生したりするというケースが起こりやすくなります。

つまり、一酸化窒素は血液に関する様々な病気に対し、抵抗する効果を持っているということです。

しかし、この素晴らしい効果を持つ一酸化窒素は、年齢を重ねていくなかで、どうしても不足しがちになってしまうそうです。

なぜならば、あまり摂取する手段がないからだそうです。

通常の窒素は空気中に含まれていますが、一酸化窒素とはまた別問題です。

この一酸化窒素が不足してしまい、血栓ができたり動脈硬化になってしまったりするケースが、特に高齢者に多く見られるそうです。

また、近年では成人病、メタボリックシンドロームとの併発で、血液に悪影響が出る事もよくあるようです。

そこで、シトルリンの登場です。
シトルリンには、そんな一酸化窒素を多くする働きを持っているのです。

とても非常に貴重な存在ということがわかるでしょう。

しかも、シトルリンは遊離アミノ酸といって、運動をする事であっという間に体内に吸収される特徴があります。

つまり、即効性もあるということです。

一酸化窒素を体内で一定量キープするには、シトルリンの摂取が非常に有効という事です。

健康診断の結果、血液がどろどろかもしれないという恐れを抱いている人にはこのシトルリンは救世主のような存在になるかもしれないですね。

血流がよくなれば、冷え性や、くすみ肌、眼精疲労の改善なども期待できます。

シトルリンのサプリメントなどは、ダイエットに効果のあるものもあるようです。

血流がよくなると、有酸素運動などにより、脂肪の燃焼効果があるんですね。

参考記事 : 偏った食事や無理なダイエットで疲れ目が悪化する場合も



ダイエットを写真で記録しよう

デトックスダイエット
評判いいみたいですね、デトックスでのダイエット。

ダイエット中は毎日鏡で自分の姿をチェックして。

そして、その姿をカメラで撮影して。

今は携帯電話にもカメラ機能が付いているし、デジカメでも撮影した写真を簡単に見ることが出来るから、そんなに難しいことではないよね。

毎日撮影するのが理想的だけど、撮り忘れてしまう日もあるから、何曜日って決めて、毎週撮影するといいかも。

服を着たままだと体型の変化がわかりにくいから、お風呂に入る前に下着姿で撮影すると良いんじゃないかな。

誰に見せるわけじゃないから、恥ずかしくないよね。

撮影し続けていると、頑張ってダイエットやエクササイズの効果がよくわかるんだ。

ここに筋肉が付いたとか、ここがスッキリしたとかね。

ダイエットを挫折してしまいそうになっても、撮り貯めた写真で変化を確認出来れば自信になるし、辛い停滞期を乗り越えることが出来るよね。

人間は目で見える効果があれば頑張れるもの。

停滞期にはその効果が見えなくなるから挫折してしまう人がいるんだよね。

あと、ダイエットを過度にやってしまうと、わきがや口臭が強くなることがあるので、注意が必要。



偏った食事や無理なダイエットで疲れ目が悪化する場合も

栄養が偏ったコンビニ弁当ばかりの食事や、食事制限などの無理なダイエットで、ひどい疲れ目になる場合があるそうです。

疲れ目の原因は、栄養不足です。

ビタミン類が欠乏すると、目の機能などが不調となり、疲れ目になりやすくなります。

体に負担をかけないよう、サプリメントなどで補いながら、栄養不足にならないようにしましょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。